4月 2015

You are currently browsing the monthly archive for 4月 2015.

『青春と読書』5月号をもちまして、一年間担当させて頂きました、馳星周さんの短編小説、ソウルメイトシリーズの挿絵が終了致しました。ソウルメイトシリーズは人間と犬との物語で、感情移入せずにはいられないものばかりでした。

一年間大変お世話になり、ありがとうございました。

book青春と読書 5月号(集英社)

神保町のギャラリー&カフェバー KLEIN BLUEにて展示させて頂く事になりました。

以前、お仕事をご一緒させて頂きました編集の方に、こちらのギャラリーをご紹介して頂き展示させて頂く事となりました。

4年振りの個展となります。お近くまでお越しの際は、お越し頂けますと幸いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

会期 2015.5.11(月)〜5.31(日)→終了致しました。

場所  KLEIN BLUE(クラインブルー)ギャラリー&カフェバー

時間 月〜土 12時〜24時/日祝 12時〜19時(最終日〜18時)

     5.23(土)はイベントで使用する為、12〜17時までとなります。

住所 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-7 三光堂ビル2F

TEL 03-3295-2635

在廊日5月11日(月)16日(土)17日(日) 14時〜18時

     20日(水)23日(土)24日(日) 14時〜18時(23日は17時)

     27日(水)30日(土)31日(日) 14時〜18時

Print

Print

 

 

滝田務雄さんの『捕獲屋カメレオンの事件簿』の装画を担当致しました。

元刑事の浜谷良和(はまやらわ)と、オフィス・カメレオンの女社長阿過沙多菜(あかさたな)の凸凹コンビが、怪事件に挑むユーモアミステリーです。

『小説NON』で2014年3月号〜2015年1月号で連載されていました。

cover

tobira

カバーを取るとこんな感じです!

大変お世話になり、ありがとうございました。

出版・祥伝社/装丁・bookwall

北日本新聞で連載されていた、宮本 輝さんの「田園発 港行き自転車」上下巻の装画を担当致しました。

15年前に父が急死した地・富山で、父の足跡を辿る絵本作家の賀川真帆。東京での暮らしが合わず、富山に戻ってきた事務員の脇田千春。出会うことのないはずのふたりの人生が思いもよらない縁で繋がっていく、富山の美しく豊かな自然を舞台に描かれた長編小説です。
人の思いの強さや、それによって繋がっていく人と人との縁…ぐいぐい物語に引き込まれていきます。

jyoukan

gekan

装丁・緒方修一/出版・集英社

お世話になり、ありがとうございました。