お仕事

You are currently browsing the archive for the お仕事 category.

読楽にて村山早紀さんの『風の港2』扉絵を担当いたしました

第7回「屋上の神様」(前編)

黄昏時、空港へ向かうモノレールの風景を描きました

・・・・・・・・・・・・・・

読楽』2024年6月号(徳間書店)

商品形態/電子専売(Amazon、楽天Kobuにて販売)

発売日/2024年5月31日

ケアマネジャー向け専門誌『ケアマネジャー』6月号、小川公代さんの連載エッセイ「ケアに効く文学と物語ー臥せる母とともに」のイラストレーションを担当いたしました。

母の介護に直面した実体験を通して、英文学者である小川さんがケアに役立つ文学や物語などを紹介していくエッセイです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

『ケアマネージャー』
デザイン/細山田デザイン
出版/中央法規出版株式会社
発行日/2024年5月27日

読楽にて村山早紀さんの『風の港2』扉絵を担当いたしました

第6回「竜が飛ぶ空」(後編)

・・・・・・・・・・・・・・

読楽』2024年5月号(徳間書店)

商品形態/電子専売(Amazon、楽天Kobuにて販売)

発売日/2024年4月30日

ケアマネジャー向け専門誌『ケアマネジャー』にて小川公代さんの連載エッセイ「ケアに効く文学と物語ー臥せる母とともに」のイラストレーションを担当いたしました。

母の介護に直面した実体験を通して、英文学者である小川さんがケアに役立つ文学や物語などを紹介していくエッセイです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

『ケアマネージャー』
デザイン/細山田デザイン
出版/中央法規出版株式会社
発行日/2024年4月27日

『読楽』にて村山早紀さんの『風の港2』扉絵を担当いたしました

第5回「竜が飛ぶ空」(前編)

今回は春の嵐の空港が舞台です

・・・・・・・・・・・・・・

『読楽』2024年4月号(徳間書店)

商品形態/電子専売(Amazon、楽天Kobuにて販売)

発売日/2024年3月31日

NHKラジオテキスト「こころをよむ」表紙画を担当いたしました。
4月から6月のテーマは『万葉びと、その生と死と』です。
講師は、国文学者の上野誠さん。

デザイン/坂川朱音
放送日/NHKラジオ第2放送(4月ー6月)
日曜日 午前6時45分ー7時25分
土曜日 午後5時45分ー6時25分(再放送)

表紙は『石見相聞歌』の舞台にもなっている「石見国・角の浦」の風景をイメージしました。
赴任先の石見の国に残してきた現地妻を思って読んだとされている歌です。

万葉びとはどのように死をとらえ、生について考えていたのか。
現代の私たちにも通じることがたくさん合ってとても興味深く面白いです。

NHKラジオテキスト「こころをよむ」
出版/NHK出版
発売日/2024年3月25日

ケアマネジャー向け専門誌『ケアマネジャー』にて
小川公代さんの連載エッセイ「ケアに効く文学と物語ー臥せる母とともに」のイラストレーションを一年間担当いたします。

母の介護に直面した実体験を通して、英文学者である小川さんがケアに役だった文学や物語などを紹介していくエッセイです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

『ケアマネージャー』
デザイン/細山田デザイン
出版/中央法規出版株式会社
発行日/2024年4月1日

『読楽』にて村山早紀さんの『風の港2』扉絵を担当いたしました。

第二話「雪うさぎの夜」/後編

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『読楽』2024年3月号(徳間書店)

発売日/2024年2月29日

『読楽』にて村山早紀さんの『風の港2』扉絵を担当いたしました。

第二話「雪うさぎの夜」/前編

故郷の古く小さな山間の町をイメージしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『読楽』2024年2月号(徳間書店)

発売日/2024年1月31日
商品形態/電子専売

小説推理にて久保りこさんの

『山に灯りを見つけたら』挿絵を担当いたしました。

小学6年生の天一郎が、夜中近くの山で揺れている灯りを目撃するところから物語が始まり、
どんどん思いもしない展開に進んでいきます。
是非お手に取ってご覧頂けますと幸いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

小説推理3月号/双葉社

2024.1.26発売

« Older entries