お仕事

You are currently browsing the archive for the お仕事 category.

⭐️Instagramで随時更新中です→(click

読楽(徳間書店)にて村山早紀さん『風の港』4回目挿絵を担当致しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

文芸PR誌「読楽」7月号

読楽(徳間書店)にて村山早紀さん『風の港』3回目挿絵を担当致しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

文芸PR誌「読楽」6月号

 

読楽』(徳間書店)にて村山早紀さん『風の港』2回目挿絵を担当致しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

文芸PR誌「読楽」5月号

読楽』(徳間書店)にて村山早紀さんの新連載『風の港』が始まりました。

空港を舞台にした連作シリーズで、それぞれ事情を抱えた人たちの新たな旅立ちの物語です。

どうぞよろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

文芸PR誌「読楽」4月号

https://note.com/tokuma_bungei/n/n1693ba59cbf0

玄光社『イラストレーションファイル2021』に掲載して頂きました。

下巻 321ページ『み』です。よろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イラストレーションファイル2021/玄光社

早稲田大学WEBマガジン『早稲田ウィークリー』のスペシャルインタビューのコーナーでイラストを担当致しました。

多方面にご活躍されている卒業生の方へのインタビュー企画です。

今回は東日本大震災から10年の特集記事で、気仙沼出身の学生と被災地でのボランティアに携わってきた卒業生との対談です。

▶︎前編『地元、移住、第二の故郷』被災地とあなたの未来を増やす、さまざまな関わり https://www.waseda.jp/inst/weekly/features/specialissue-shinsai1/

ボランティアをきっかけに気仙沼に移り住み、一般社団法人「まるオフィス」を立ち上げた加藤拓馬さんと、在学中に早稲田大学ボランティアセンター(WAVOC)の気仙沼チームのメンバーとして活動していた田中裕子さんからお話を伺っています。

▶︎後編『震災もコロナも何かのせいにしない』誰もが想像を超えて生きる世界の中で
https://www.waseda.jp/inst/weekly/features/specialissue-shinsai2/)

宮城県石巻市での復興支援活動を経て、現在は青森県の十和田湖畔にコワーキングスペース&ゲストハウス「yamaju」を開設した小林徹平さん・恵里さん夫妻のインタビュー記事です。

『早稲田ウィークリー』(http://www.waseda.jp/inst/weekly/

HBギャラリーオンラインショップにて、作品を販売していただいております

こちらをチェック→click

よろしくお願いいたします

垣谷美雨さん著『希望病棟』装画を担当致しました。
前作『後悔病棟』に続く長編小説となっております。

デザインはnext door designの岡本歌織さんです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
小学館WEBー編集者の方からのオススメ情報ーより)

「もしも人生をやり直せたなら、もっと間違いを犯せばよかった。従順な良妻なんかじゃなくて、後ろ指を指されるような人生でも全然かまわなかった」
「この世の中はロクなもんじゃない。ロクな大人はいない。頼れるのは自分だけだ」
聴診器を通して聞こえてくる貴子と桜子の本音が心に刺さる、全世代共感必至の小説です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

11月6日発売となり予約開始されました。
どうぞ宜しくお願いいたします。

垣谷美雨さん著『希望病棟』/qui-la-la 今回で最終回となりました。

垣谷さんの小説はいつも面白くて一気に読んでしまいます。

拝読後には爽快感があり、とても勇気づけられます。

全12回1年にわたり大変お世話になりました。

ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・qui-la-la きらら/小学館

« Older entries