毎日小学生新聞」(毎日新聞社)にて童話作家の新美南吉さんの『木の祭り』の挿絵を担当しています。

毎日小学生新聞」は紙、デジタル版がございます。

詳しくはこちらクリック

毎日小学生新聞」(毎日新聞社)にて童話作家の新美南吉さんの『木の祭り』の挿絵を担当しています。

毎日小学生新聞」は紙、デジタル版がございます。

詳しくはこちらクリック

毎日小学生新聞」(毎日新聞社)にて童話作家の新美南吉さんの『木の祭り』の挿絵を担当しています。

毎日小学生新聞」は紙、デジタル版がございます。

詳しくはこちらクリック

WEBきらら』(小学館)にて町田そのこさんの『宙ごはん』第3話扉絵を担当致しました。

ーあらすじ(扉ページより)ーーーーーーーーーーーーー

産みの母・花野の妹に育てられた宙は、

小学校入学を気に花野と暮らし始めた。

子供の面倒をほとんど見ない母親に耐えられなくなった時、

シェフの佐伯はパンケーキを焼いてくれた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

WEBきらら』は小説丸のサイトより、無料でお読みいただけます。
https://shosetsu-maru.com/quilala

毎日小学生新聞」(毎日新聞社)にて童話作家の新美南吉さんの『木の祭り』の挿絵を担当しています。

毎日小学生新聞」(毎日新聞社)は紙、デジタル版がございます。

詳しくはこちらクリック

毎日小学生新聞」(毎日新聞社)にて童話作家の新美南吉さんの『木の祭り』が連載されます。

毎週日曜日の『こども童話』というコーナーに掲載され、挿絵を担当いたします。

新美南吉さんのお話に絵を添えられることは、とても貴重で嬉しい経験です。

どうぞよろしくお願い致します。

毎日小学生新聞」は紙、デジタル版がございます。詳しくはこちら→クリック

小学生を対象とした新聞ですが、大人が読んでも興味深い記事が多いです。

「こども童話」は絵が多く、未就学児のお子さま向けです。

新年あけましておめでとうございます

新しい年が皆さまにとって良い年でありますよう

心よりお祈り申し上げます

本年もどうぞよろしくお願いいたします

令和4年 元旦

WEBきらら』(小学館)にて町田そのこさんの『宙ごはん』第2話扉絵を担当致しました。

ーあらすじ(扉ページより)ーーーーーーーーーーーーー

お母さんは産んだ人、ママは育てる人。
二人の母親を持つ宙は、
小学校入学と同時に、産みの母である花野と暮らし始める。
花野の代わりに毎日のごはんを作るのは佐伯という男だった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

WEBきらら』は小説丸のサイトより、無料でお読みいただけます。
https://shosetsu-maru.com/quilala

読楽(徳間書店)にて村山早紀さん『風の港』挿絵を担当致しました。

今回で最終回となりました。

せつなく優しい物語に、拝読後は心癒され、心地良い爽快感がありました。

長い間ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

読楽2021年12月号

WEBきらら』(小学館)にて町田そのこさんの新連載『宙ごはん』が始りました。

扉絵を担当致します。

ーWEBページよりーーーーーーーーーーーーーーーー
思いがこもった料理は、ひとを生かしてくれる──
本屋大賞受賞で大きく飛躍した実力派が描く、いびつな家族の成長の物語。

お母さんは産んだ人、ママは育てる人。
五歳の宙は、そう信じていた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『WEBきらら』は小説丸((@shosetsumaru))のサイトより、お読みいただけます。
https://shosetsu-maru.com/quilala

町田そのこさんの新連載。是非読んで頂きたいです。
どうぞよろしくお願い致します。

« Older entries § Newer entries »