全て

You are currently browsing the archive for the 全て category.

⭐️Instagramでも随時更新中です→(click

⭐️作品の販売はこちらHBギャラリーOnline Shopclick

オール讀物』9・10月号合併号は『直木賞特集』号となっています。

窪美澄さん『夜に星を放つ』が第167回直木賞受賞作となりました。

短編5編がまとめられた一冊となっており、そのうち3編が今回掲載されています。

その中の1編『星の随に』の挿絵を担当いたしました。

父親の再婚相手となじめずにいる男子小学生が主人公の作品で、窪さんご自身が体験された出来事がもとになっているそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

オール讀物9・10月号合併号 

発行/文藝春秋

発売日/2022年8月22日

NHK俳句 宇多喜代子先生の『エッセイ旬をおいしく』のイラストレーションを担当いたしました。

5月号は『グリーンアスパラ』です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NHK俳句 2022年5月号


週刊文集WOMAN
にて窪美澄さんの連載小説『ぼくは青くて透明で』が始まりました。

挿絵を担当いたします。どうぞよろしくお願いいたします。

ーー扉よりーー

血の繋がらない継母と暮らす海は、転校先の高校で忍と出会い、距離を縮めていくー


 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

週刊文集WOMAN 2022年春号

WEBきらら』(小学館)にて町田そのこさんの『宙ごはん』第4話扉絵を担当致しました。

ーあらすじ(扉ページより)ーーーーーーーーーーーーー

台風の夜、花野の恋人・柘植が死んだ。

報せを受けて飛び出して行く母親を、宙は止めることができなかった。

『WEBきらら』でのは連載は今回で終了となります。

5月頃に単行本が刊行される予定です。

長い間ありがとうございました。

村山早紀さんの『風の港』装画を担当いたしました。

ーー帯よりーーーー

そんな時は待とう。静かに。諦めず。

いい風があなたに吹く日まで。

今回書籍をご購入して下さった方に、村山先生のメッセージが記載されたポストカードがついています。

村山先生の優しい言葉がたくさん詰まっています。

装丁はnext door designの岡本歌織さんです。

中面もかっこよく仕上げて下さいました。

是非手に取って頂けますと嬉しいです。

『風の港』村山早紀 著

発行/徳間書店(2022/03/10)

毎日小学生新聞」(毎日新聞社)にて童話作家の新美南吉さんの『木の祭り』の挿絵を担当しています。

毎日小学生新聞」は紙、デジタル版がございます。

詳しくはこちらクリック

WEBきらら』(小学館)にて町田そのこさんの『宙ごはん』第3話扉絵を担当致しました。

ーあらすじ(扉ページより)ーーーーーーーーーーーーー

産みの母・花野の妹に育てられた宙は、

小学校入学を気に花野と暮らし始めた。

子供の面倒をほとんど見ない母親に耐えられなくなった時、

シェフの佐伯はパンケーキを焼いてくれた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

WEBきらら』は小説丸のサイトより、無料でお読みいただけます。
https://shosetsu-maru.com/quilala

毎日小学生新聞」(毎日新聞社)にて童話作家の新美南吉さんの『木の祭り』の挿絵を担当しています。

毎日小学生新聞」(毎日新聞社)は紙、デジタル版がございます。

詳しくはこちらクリック

新年あけましておめでとうございます

新しい年が皆さまにとって良い年でありますよう

心よりお祈り申し上げます

本年もどうぞよろしくお願いいたします

令和4年 元旦

« Older entries