全て

You are currently browsing the archive for the 全て category.

⭐️Instagramでも随時更新中です→(click

⭐️作品の販売はこちらHBギャラリーOnline Shopclick

本屋大賞 2023年ノミネート作品が発表されました。

以前装画を担当させて頂いた町田その子さんの『宙ごはん』が選出されました。

ノミネートおめでとうございます!!

せつなくて優しい町田その子さんの物語、宙の成長に勇気づけられます。
是非お手に取って頂きたいです。

・ー・- ・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

「本屋大賞」のサイトはこちらから
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000090212.html

「小説丸」のサイトからも『宙ごはん』の最新情報をチェックできます
https://shosetsu-maru.com/bungei-news/soragohan_joho

 

小学館ホームページより

宙には、育ててくれている『ママ』と産んでくれた『お母さん』がいる。厳しいときもあるけれど愛情いっぱいで接してくれるママ・風海と、イラストレーターとして活躍し、大人らしくなさが魅力的なお母さん・花野だ。二人の母がいるのは「さいこーにしあわせ」だった。

宙が小学校に上がるとき、夫の海外赴任に同行する風海のもとを離れ、花野と暮らし始める。待っていたのは、ごはんも作らず子どもの世話もしない、授業参観には来ないのに恋人とデートに行く母親との生活だった。代わりに手を差し伸べてくれたのは、商店街のビストロで働く佐伯だ。花野の中学時代の後輩の佐伯は、毎日のごはんを用意してくれて、話し相手にもなってくれた。ある日、花野への不満を溜め、堪えられなくなって家を飛び出した宙に、佐伯はとっておきのパンケーキを作ってくれ、レシピまで教えてくれた。その日から、宙は教わったレシピをノートに書きとめつづけた。全国の書店員さん大絶賛! どこまでも温かく、やさしいやさしい希望の物語。

NHK俳句 2月号『旬をおいしく』のイラストレーションを担当いたしました

今月は『蜆』です

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NHK俳句 2023年2月号

発行/NHK出版(2022年1月発売)

祥伝社ウェブマガジン『コフレにて原田ひ香さんの連載『朝酒』が始まりました。

バナーイラストを担当を致します。

3巻まで書籍化されている『ランチ酒』のスピンオフのような作品で、食と仕事『見守り屋』を通して様々な人間模様が繰り広げられます。

コフレ/祥伝社ウェブマガジンはこちらから(click)

 

旧年中は大変お世話になりました

皆さまにとりまして幸多き年となりますよう心よりお祈り申し上げます

本年もどうぞよろしくお願いいたします

令和5年 元旦

 

 

NHK俳句 1月号『旬をおいしく』のイラストレーションを担当いたしました

今月は『寄鍋』です。

もうすぐお正月。良いお年をお迎えください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NHK俳句 2023年1月号

発行/NHK出版(2022年12月発売)

オール讀物』9・10月号合併号は『直木賞特集』号となっています。

窪美澄さん『夜に星を放つ』が第167回直木賞受賞作となりました。

短編5編がまとめられた一冊となっており、そのうち3編が今回掲載されています。

その中の1編『星の随に』の挿絵を担当いたしました。

父親の再婚相手となじめずにいる男子小学生が主人公の作品で、窪さんご自身が体験された出来事がもとになっているそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

オール讀物9・10月号合併号 

発行/文藝春秋

発売日/2022年8月22日

NHK俳句 宇多喜代子先生の『エッセイ旬をおいしく』のイラストレーションを担当いたしました。

5月号は『グリーンアスパラ』です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NHK俳句 2022年5月号


週刊文集WOMAN
にて窪美澄さんの連載小説『ぼくは青くて透明で』が始まりました。

挿絵を担当いたします。どうぞよろしくお願いいたします。

ーー扉よりーー

血の繋がらない継母と暮らす海は、転校先の高校で忍と出会い、距離を縮めていくー


 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

週刊文集WOMAN 2022年春号

WEBきらら』(小学館)にて町田そのこさんの『宙ごはん』第4話扉絵を担当致しました。

ーあらすじ(扉ページより)ーーーーーーーーーーーーー

台風の夜、花野の恋人・柘植が死んだ。

報せを受けて飛び出して行く母親を、宙は止めることができなかった。

『WEBきらら』でのは連載は今回で終了となります。

5月頃に単行本が刊行される予定です。

長い間ありがとうございました。

« Older entries